アジア地域におけるインフラ設計基準・維持管理の長期戦略ビジョン

平成22年度 成果一覧

長井 宏平(東京大学工学系研究科社会基盤学専攻 特任講師)

要旨

コンクリート構造物に関するインフラ設計基準の主にアジアにおける展開の日本の戦略を把握するため、関係者へのインタビューを実施した。そこで、日本の学会としてアジア戦略への考えや、ユーロコードの普及戦略の成功要因を分析した。また、基準類整備のODA事業による援助の可能性を探るためにJICAへのインタビューを、また国土交通省へのインタビューでは最近の国内需要の減少やODAの縮小を受けての建設企業の海外進出のサポートへの考え方などを整理した。以上を踏まえた上で、今後の日本の活動に対しての考察を加えた。

キーワード

インフラ設計基準、アジア域、ICCMC

PDF