アジア島嶼地域パラオ共和国における持続可能な自然共生型流域圏マネジメトに関する研究-流域圏を基盤とした集落の持続的土地利用システムに着目して-

平成21年度 成果一覧

石川幹子 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 教授)
片桐由希子(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 助教)
飯田晶子 (東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 博士課程)
野口翠(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 修士課程)
大澤 啓志(日本大学生物資源科学部植物資源科学科 准教授(Research Partner))

要旨

本研究は、パラオ共和国バベルダオブ島を対象として、自然共生型の流域圏マネジメントの方法論の構築により、環境の持続的維持と経済の発展の共存に向けた体系的研究と政策の提言を目標とする。初年度の平成21年は、「構造」、「機能」、「変化」の三つの視点から、流域内を基盤とした集落の持続的土地利用について分析と考察を行った。その結果、第一に、「変化」の視点では、1920年代と2006年の集落分布の比較から、現存集落は37、消失集落は28、新規集落は8つあり、少なくとも約一世紀に渡り存続する集落を抽出することができた。第二に、「構造」の視点では、集落の立地環境は、谷型で川とマングローブ林の双方に近接し、海域と陸域双方への近接性が高いものが最も多く、かつ、このタイプでは、小流域の空間単位が、集落の領域の形成や分布に影響を及ぼしていることがわかった。第三に、「機能」の視点からは、集落周辺での細かな環境の変化を反映したモザイク状の土地利用の水平的分布、およびアグロフォレストリー内の階層的で安定した土地利用形態が見られ、それらが、土地利用の持続性を支える重要な要因であると考察できた。

キーワード

熱帯島嶼地域、流域圏、持続可能性、環境マネジメント、集落

PDF