アジア農村の長期変動研究とインド農村開発

平成20年度 成果一覧

水島司(東京大学大学院人文社会系研究科・教授)

要旨

インドの劇的な経済成長にともない、インド農村は、都市部の動きと交差しながら大きな変化を経験している。そこに見られるのは、都市の拡大と都市中間層の肥大化、農村から都市への人の移動、農業離れと農業への特化の同時進行、農業生産基盤の脆弱さの継続、高等教育への対応が求める半農半教型転居、海外を含めた村外への移動、伝統的なサービス関係の消滅、都市から農村への土地投機、農村部への工場進出、海外送金による目を見張る都市形態の変化など、多面的な動きが相互に連関しつつ生じている変化である。

キーワード

インド、経済成長、農村、移動、教育

PDF