インドのエネルギー需給に与える先進的石炭利用技術導入の影響評価

平成22年度 成果一覧

島田 荘平(東京大学大学院新領域創成科学研究科 環境システム学専攻)
大島 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 環境システム学専攻)
佐藤 徹 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻)
藤井康正 (東京大学大学院工学系研究科 原子力国際専攻)

要旨

長期エネルギー需給シミュレータDNE21を用いて、インドでのCCT導入時のエネルギー需給を予測した。CCT技術としては、選炭、超々臨界発電、IGCC、CCSを考慮した。その結果、CCT導入により石炭火力からのCO2放出量は大幅に削減でき、またインドの低品位炭をより有効かつ長期に利用できることが示された。

キーワード

エネルギーモデル、石炭、クリーンコールテクノロジー(CCT)、CCS、インド

PDF