ネパールを事例とした環境保障に関するワークショップの開催

平成22年度 成果一覧

湊 隆幸 (東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻准教授)

要旨

本文は、前年から引き続き行っていたネパールを事例とした環境保障および国際協力のあり方について、本研究に関連した国内外での発表資料の一部を纏めたものである。以下では。まず、戦後に始まる日本の経済復興を高度成長期、中産階級化、国際化、バブル期、および景気低迷期に分け、それぞれの特徴や背景を簡単に説明した。次に、日本の経済予測を韓国や中国との比較し、日本の経済発展に欠かせない資源について、レアメタルを取り上げて中国依存への状況を示した。 そして最後に、これまでの議論等を踏まえながら、特に都市間の連携に着目した国際協力の在り方を議論した。

キーワード

Development, Resource, Security, Sustainability, Uncertainty

PDF