中国における下水再利用の安全性確保

平成18年度 成果一覧

片山 浩之(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻  講師)
小熊 久美子(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻  助教)
Yongzhen PENG(北京工業大学環境与能源工程学院所長首席  教授)

要旨

下水に含まれる水を調べることにより、公衆衛生学的に重要な病原微生物特定のための知見を手に入れることができる。ここでは中国北京において下水試料を対象とした現地調査を行い、腸管系ウイルスの挙動を調べた。下水からは腸管系ウイルスが見つかったが、下水処理工程においては日本と同じく99%程度の除去が達成されていた。

キーワード

中国、北京、下水、再利用、腸管系ウイルス