中国広州市における水系感染性微生物の調査

平成19年度 成果一覧

片山 浩之(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻  准教授)

要旨

下水に含まれる水を調べることにより、公衆衛生学的に重要な病原微生物特定のための知見を手に入れることができる。ここでは中国広州市を経由して香港に向けて流れる珠江流域において、河川水試料を対象とした現地調査を行い、腸管系ウイルスの挙動を調べた。深セン市の蛇口下水処理場においてもウイルス調査を行い、ノロウイルスなどの腸管系ウイルスが見つかったが、下水処理工程において90%以上除去されていた。

キーワード

中国,広州,河川水,腸管系ウイルス