人間活動起因重金属イオンの環境挙動 ―実験結果統合、環境挙動観察およびモデリング―

平成15年度 成果一覧

田中知(東京大学 大学院工学系研究科システム量子工学専攻教授)
長崎晋也(東京大学 大学院新領域創成科学研究科環境学専攻助教授)

要旨

TRU廃棄物に含まれる129Iは,長期的放射線毒性(甲状腺障害)を支配する核種とされる.本プロジェクトでは,セメントによる129Iの長期的な保持機構を解明するために,セメント水和物の1つであるエトリンガイト(AFt)へのIO3-の吸着・脱着挙動を調べた.IO3-の吸着・脱着による格子定数の変化や,脱離挙動の脱離溶液依存性などを実験的に検討した.

キーワード

セメント、エトリンガイト、IO3-、吸着、脱着