人間活動起因重金属イオンの環境挙動 ―放射性廃棄物の環境挙動と移行制御―

平成12年度 成果一覧

田中 知(東京大学大学院 工学系研究科システム量子工学専攻教授)
長崎 晋也(東京大学大学院 新領域創成科学研究科環境学専攻助教授)

要旨

ゲルに対するアルカリ金属イオンの収着挙動を検討した。その結果、イオンの収着はストークス半径の減少にともない増加することがわかったが、このことは、 収着が静電的相互作用に起因する可能性を示唆している。また、Csイオンの収着に関しSi-29NMR測定を行った結果、CsイオンはSi-O-Si結合 を切断しSi-O-Csを形成して収着していることがわかった。