分散型電源を有効利用するための電気エネルギーネットワークシステムの構築に関する研究

平成15年度 成果一覧

横山明彦(東京大学 大学院工学系研究科電気工学専攻教授)
馬場旬平(東京大学 大学院新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻 助手)

要旨

本プロジェクトにおいては、5大学の間でさまざまな研究が進められている。ここでは、太陽光発電など持続可能なエネルギー源を利用した発電を分散的かつ大量に導入した際に発生すると考えられる問題点のうち、電圧変動の抑制を行う手法について検討した結果を報告する。具体的には電圧変動問題の解決方法として、 UPFC型直並列補償装置を配電系統の中央部に導入する方法を提案し、単独系統のモデル系統を利用した検証より有効性が確認され、持続可能エネルギー源を利用した発電導入促進に役立つことが示された。

キーワード

太陽光発電、FACTS、UPFC、電圧変動抑制、単独系統