国際的サステイナビリティ教育の展開

平成20年度 成果一覧

山路 永司(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
味埜 俊(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
佐藤 弘泰(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
佐藤 仁(東京大学東洋文化研究科)
島田 荘平(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
湊 隆幸(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
古米 弘明(東京大学大学院工学系研究科)
黒倉 寿(東京大学大学院農学生命科学研究科)
川島 博之(東京大学大学院農学生命科学研究科)
小貫 元治(東京大学サステイナビリティ学連携研究機構)

要旨

サステナビリティ教育は、現在各方面で行われているが、AGSが立ち上げたYESは、国際的な環境教育の実践を先導してきたと言える。東京大学関連では、YESおよびAGS-UT主導のIPoSを経て、新領域創成科学研究科のサイステイナビリティ教育プログラムへと発展してきた。本研究プロジェクトでは、YES等の場で作成したサステナビリティ教材を改善し、2008年12月にベトナム・ホーチミン産業大学において集中講義を実施し、ブラッシュアップを行った。またその際には、アジア独自の稲作に関係するテーマ教材も整備した。さらにYES-Japan2009にも適用した。

キーワード

YES、環境教育、ベトナム、稲作