地球気候変動に対する地生態系の応答

平成12年度 成果一覧

大森 博雄(東京大学大学院 新領域創成科学研究科自然環境学専攻教授)
鈴木 和夫(東京大学大学院 農学系研究科森林科学専攻教授)
古田 公人(東京大学大学院 農学系研究科森林科学専攻教授)
八木 久義(東京大学大学院 農学系研究科森林科学専攻教授)
須貝 俊彦(東京大学大学院 新領域創成科学研究科自然環境学専攻助教授)
太田 剛(東京大学大学院 新領域創成科学研究科自然環境学専攻助手)
井口 博貴(東京大学大学院 理学系研究科地球惑星科学専攻 博士課程)

要旨

本プロジェクトでは中緯度地域の過去の気候変動と植生変化の関係を解明するとともに、気候変化が顕著に現れる中緯度高山地域において、温暖化を実験的に創出し、地形・植生の変化を継続的に観測・計測することによって、地球温暖化に対する地生態系の応答を検討した。本報告では、主として温暖化実験の結果を報告する。

日本島中部乗鞍岳で行っている温暖化実験によると、高々0.5℃程度の気温上昇でも樹木も草も生育がよくなり、成長期間も長くなり、植物の季節変化も大きく変わることがわかった。個々の種ごとに成長量等が異なり、植物の生育範囲の変化が現れると考えられるが、現在の段階では、明瞭な結果は得られていない。