専門知識の共有・探索・統合基盤EKOSSにより、Sustainability Science知識ネットワーク構築

平成21年度 成果一覧

スティーヴェン・クレイネス(東京大学総括プロジェクト機構学術統合化プロジェクト(ヒト)准教授)
郭 維森 (東京大学総括プロジェクト機構学術統合化プロジェクト(ヒト)研究員)
牧野 貴樹(東京大学総括プロジェクト機構学術統合化プロジェクト(ヒト)助教)

要旨

東京大学を始め、各々の関連する研究機関におけるサステイナビリティ学の専門知識ネットワークを有機的に成長させるウェブ・ベースのプラットフォームの構築に向ける研究を報告する。このネットワークは、サステイナビリティ学の専門家から関心のある一般市民まで、幅広いユーザに、特別な情報学知識を持たずに、サステイナビリティ学に関わる特定した情報的ニーズを満たすサービスを提供するものになると考えている。 ここでは、サステイナビリティ学の知識ネットワークを構築するための今までの研究を、大学の学部生に教科書を通して自らの大学において行われている最先端研究を知るために開発してきた「University on Textbook」システムへの応用を報告する。「University on Textbook」システムは我々の別な研究において生命科学の研究を学部生に紹介するために開発したものであり、教科書の各課題を表現するセマンティックな記述群と学術論文の内容を表現するセマンティックな記述群との間のセマンティック・リンクに基づいて教科書の特定した内容に意味的に近い研究を紹介するシステムである。そのセマンティック・リンクを用いて、学部生が、教科書が形よく提供する学術分野の基礎知識と学術論文内の特定した課題に関連する先端知識との間を自由にナビゲートすることを可能にする。ここで、「Vision 2050: A Roadmap for a Sustainable Earth」というサステイナビリティ学の教科書と、東京大学において持続型社会やそれに関連するエネルギー・材料の研究を行っている研究者が書いた学術論文やウェブページをマッピングする新しい「University on Textbook」のシステムを提供する。このシステムは、教科書の課題を表現するセマンティックな記述を約70件、学術知識を表現するセマンティックな記述を200件以上からできている。

キーワード

専門知識,知識ネットワーク,理論的推論,セマンティック・マッチング,知識記述,サステイナビリティ学

PDF