廃棄物処分場等における粘土質硫化岩石土壌の物理化学的-微生物学的反応過程の相互作用に関する研究 ―粘土質土壌及び岩石の膨潤挙動の構成モデル ―

平成14年度 成果一覧

山冨 二郎(東京大学 大学院工学系研究科地球システム工学専攻 教授)
登坂 博行(東京大学 大学院工学系研究科地球システム工学専攻 助教授)
茂木 源人(東京大学 大学院工学系研究科地球システム工学専攻 助教授)
徳永 朋祥(東京大学 大学院工学系研究科地球システム工学専攻 助教授)
金 相泰(東京大学 大学院工学系研究科地球システム工学 外国人協力研究員)

要旨

本研究では,膨潤性地盤材料における膨潤挙動の表現し得る構成関係を明らかにするために,応力状態変数(ネット全応力,サクション)とひずみ状態変数(間隙比,含水比)を結び付ける非線形弾性モデルを導入し,さらに,自由膨潤試験から得られた膨潤異方性も考慮できるような膨潤面内等方性モデルを考案している.本報では,圧縮ベントナイトを対象とした一軸ひずみ条件における一定荷重膨潤試験と自由膨潤試験から得られた測定結果を検討するともに,構成関係に含まれる材料定数の同定方法について述べる.また,有限解析による予測値と実験結果を比べ,構成モデルの妥当性や膨潤特性について検討する.
>>山冨研・岩石工学研究室ホームページへ

キーワード

膨潤挙動、膨潤面内等方性モデル、一軸ひずみ膨潤試験、自由膨潤試験