持続可能な地方自治体経営に向けた包括的な政策立案手法に関する事例研究

平成21年度 成果一覧

加藤 浩徳(東京大学大学院工学系研究科准教授)
城山 英明(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

要旨

本研究は,地域のアイデンティティ確立を目指すまちづくりに成功した事例として,千葉県香取市(旧佐原市) の先進的な取組を取り上げ,過去の取組経緯をインタビューによって丹念に調査するとともに,関係主体の問題構造認識を分析することによって,成功の要因を抽出することを目的とする.情報収集のため,佐原の観光政策に関係する主要主体に対するインタビュー調査を実施し,また,分析に当たっては,問題構造化手法を適用した.分析の結果,「町並み保存関係者」と「佐原の大祭関係者」による独自活動がもたらした意図せざる相乗効果,市民団体による巧みな行政の活用および行政の巧妙な戦略的なプロセスマネジメントが,佐原の持続的な観光政策ならびにまちづくり型観光地形成を成立させるための成功要因であったことを明らかにした.

キーワード

佐原市,観光まちづくり,問題構造化手法,インタビュー

PDF