持続可能な社会基盤施設のための 設計・モニタリング・メインテナンスの統合戦略

平成12年度 成果一覧

阿部 雅人(東京大学大学院 工学系研究科社会基盤工学専攻助教授)
魚本 健人(東京大学 国際・産学共同研究センター教授)
舘石 和雄(舘石和雄 東京大学 生産技術研究所第5部助教授)
野城 智也(東京大学 生産技術研究所第5部助教授)

要旨

社会・経済を支える社会基盤施設の持続可能性は持続可能社会の前提となる.ところが,技術的課題に加えて財政的な制約も存在することから,十分なメインテナンスが不可能な場合が多い.本プロジェクトでは,近年発展めざましい各種新技術,特に,社会基盤施設の管理/点検/モニタリング/計測/情報工学/人工知能/一般設計学等において各共同研究者が独自に蓄積してきた研究成果を融合させ,ライフサイクルコストを最小化する設計・モニタリング・メインテナンスの一貫戦略を構築することを目指して研究を行っている.