持続的発展のためのグローバル情報システムの開発

平成13年度 成果一覧

冨山哲男(東京大学 人工物工学研究センター教授)
阪井則雄(東京大学 大学院工学系研究科精密機械工学専攻博士課程)

要旨

持続的発展のためのグローバル情報システム(GSSD)は地球持続性問題の取り組みにおける意思決定を支援する知識ベースネットワークシステムである。 GSSDは情報、知識を組織化するための統合された多次元概念フレームワーク、多言語知識ベース、そしてインターネットによるGSSDへのアクセス性を改善するためのミラーサイトにより構成されている。本年度はGSSDの更なる開発に向け、新規ミラーサイト及び知識ベースの構築によるシステムの拡張に取り組んだ。

キーワード

地球持続性問題、知識獲得及び共有、ミラーサイト、多言語知識ベース