森林フェノロジー映像・環境音のリアルタイム配信と アーカイブ公開による「全球環境感覚」

平成22年度 成果一覧

斎藤 馨 (東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
山本 博一(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)
中山 雅哉(東京大学情報基盤センター 准教授)
岩岡 正博(東京農工大学大学院大学 准教授)
藤原 章雄(東京大学大学院農学生命科学研究科 助教)
藤枝 俊輔(東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教)
笹部 哲朗(東京大学大学院農学生命科学研究科 助教)
小林 博樹(東京大学大学院情報理工学研究科 博士課程)
中村 和彦(東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程)

要旨

自然環境の変化は、フェノロジー(phenology/生物季節学)によって把握することができる。  自然環境を映像と環境音により臨場感のある感性情報として長期にわたり記録し蓄積すれば、長期的経年的な環境変化を体感的に理解できる資料となり、これをインターネットで配信すれば全世界的な環境の長期履歴を体感的に共有できることになる。さらに記録地点の今の映像と音をリアルタイムでネットワーク配信することで、今の全球の環境を直感的に把握できる。これを本研究では、全球環境感覚(senses of global environment)と呼ぶ。  東京大学秩父演習林内に設置された森林景観記録ロボットカメラのマイクを用いてリアルタイムに生態音を配信し、録音し、公開する一連のシステムを開発し運用を継続している。またカメラ画像を定時に伝送し、インターネットで公開するシステムを開発し運用を進めている。インターネットでこれらのデータにアクセすることで遠隔の森林の様子を感覚的に理解できる。

キーワード

森林、ライブ配信、環境教育、アーカイブス

PDF