海水中の微量金属元素と生物生産

平成14年度 成果一覧

野崎義行(東京大学 海洋研究所海洋化学部門 教授)
ディアソットアリボ(東京大学 大学院理学研究科化学専攻 博士課程)
小畑 元(東京大学 海洋研究所海洋化学部門 助手)

要旨

海水中の微量金属元素、特に鉄は海洋の生物生産にとって重要であり、海洋におけるグローバルな炭素循環に対して大きな影響を与える。しかし、海洋における鉄の分布を支配する要因はいまだ明らかではない。これは偏った海域のデータしか得られておらず、一般性を得にくいことに起因している。そこで本研究ではこれまでのほとんどデータの得られていない日本海における鉄の分布を明らかにし、北太平洋における分布と比較しながら議論を行った。さらにマンガンの分布と比較することにより、分布を支配する要因を解析した。この結果から中深層では水平方向への輸送が大きな影響を及ぼしていることが明らかになった。

キーワード

微量金属元素、海洋生物生産、海水中の鉄、マンガン