燃料添加剤のグローバル持続性への影響

平成12年度 成果一覧

田村 昌三(東京大学 大学院新領域創成科学研究科環境学専攻)
新井 充(東京大学 大学院新領域創成科学研究科環境学専攻)
阿久津好明(東京大学 大学院新領域創成科学研究科環境学専攻)

要旨

パラフィン燃料をベース燃料とし、セタン価向上剤、芳香族、高沸点成分を添加した試験燃料により、セタン価および燃料性状がディーゼル排気中の有害成分、特に粒子状物質(PM)とPM中の多環芳香族に及ぼす影響を調べ、有害排気成分の生成機構を考察した。ディーゼル燃焼排気中のPMに含まれるすす成分(soot)については、セタン価の増加および芳香族成分の増加による排出量の増加が見られ、SOFに関しては高沸点成分の添加による排出増加が見られた。PM中に含まれるPAHsは、燃料中に含まれるPAHsの未燃成分が排出する過程の寄与が大きく、PAHsの熱合成においては燃料の芳香族分の寄与が小さいことが示唆される。そして、市販軽油を用いた実験結果もこのことを支持している。また、PAHsの熱合成は、sootの生成機構とは異なる機構で行われることが示唆される。さらに、燃料のセタン価向上により未燃燃料由来のPAHs排出量が低減することが示された。未燃炭化水素(THC)、一酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)については、既往の研究結果とほぼ適合する結果であった。

キーワード

セタン価向上剤、排出ガス、ディーゼル燃料、粒子状物質、多環芳香族化合物