環境への影響を考慮した化学プロセスの統合設計

平成12年度 成果一覧

平尾 雅彦(東京大学工学系研究科 化学システム工学専攻助教授)

要旨

新規プロセスの評価のために、シナリオ分析を行うための「ライフサイクルモデル」手法を提案し、ダイナミックLCAのためのライフサイクルモデルを開発した。ライフサイクルモデルでは、シナリオをモデル中のパラメータの変更によって表現する。本研究ではライフサイクルモデルを拡張して、需要や制約条件等の パラメータを時間の関数として表現することができるようにし、それらをシナリオ変数として用いることが出来るようにした。この拡張によって、新規技術を開 発・導入するのに要する時間や製品の寿命などの時間軸を含めたシナリオを検討できるようになった。