発展途上国の環境汚染と健康影響に関する研究 -マレーシアの農薬問題を対象として-

平成13年度 成果一覧

横山和仁(東京大学 大学院医学系研究科社会医学専攻公衆衛生学分野 助教授)
佐藤 元(東京大学 大学院医学系研究科社会医学専攻公衆衛生学分野 講師)
荒記俊一(独立行政法人産業医学総合研究所理事長・東京大学名誉教授)

要旨

化学物質による環境汚染は発展途上国における重要な健康問題のひとつとなっている。この問題の解明のために、今回の研究では、マレーシアの Kelantann州のタバコ栽培作業者を対象に農薬の健康影響と安全使用の解析を行った。この結果、有機リン剤およびジチオカーバメート剤による末梢神経伝導速度低下とピレスロイド剤による重心動揺増加が観察された。また、男子作業者では農薬噴霧中の禁煙、良好な状態の散布器使用、作業直後の衣服交換が農薬噴霧による急性症状を防止した。女子では、作業中の着帽が急性症状防止に効果があった。農薬により非顕性の健康影響が現れるが、安全な使用行動によりこれが予防できることが示唆された。健康教育が重要と思われる。

キーワード

発展途上国、環境汚染、健康影響、農薬、安全使用行動