空洞掘削による亀裂の変形に起因した亀裂性岩盤内水理特性の変化に関する研究

平成13年度 成果一覧

堀井秀之(東京大学 大学院工学系研究科社会基盤工学専攻教授)
井上純哉(東京大学 大学院工学系研究科社会基盤工学専攻講師)

要旨

高レベル放射性廃棄物の地層処分の安全性の評価は,長期的には処分場から漏洩した放射性核種は地下水により生態圏に運ばれると言う地下水シナリオに基づいている.亀裂性岩盤が卓越した岩盤の場合,地下水の多くは岩盤亀裂部分を流れると考えられ,その様な亀裂における透水を把握することは地層処分の安全性を評価する上で欠かすことのできない要件となっている.しかし、亀裂での透水性は亀裂の開口幅分布に大きく依存し,更にその様な開口幅分布は亀裂が受ける応力状態に大きく依存することが知られており,応力状態の変化が顕著である掘削影響領域では,基質岩盤とは大きく異なる透水性を示すと考えられている.そこで本研究では,掘削影響領域における亀裂性岩盤の透水特性の変化を予測する手法の開発を行った.

キーワード

掘削影響領域、亀裂性岩盤、亀裂透水特性、高レベル放射性廃棄物、地層処分