経済のグローバル化と食料の安全保障

平成20年度 成果一覧

本間正義(東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻教授)
齊藤勝宏(東京大学大学院新領域創成科学研究科農業・資源経済学専攻准教授)
松田浩敬(東京大学大学院サステイナビリティ学連携研究機構・地球持続戦略研究イニシアティブ特任助教)

要旨

本研究は,現在および将来において生じる可能性のある地球環境の変動を所与として,地球環境に与える影響を最小限にとどめつつ,現在の貧困層あるいは栄養不良人口,および将来の人口増に対応する,持続的な農業生産の可能性に関する研究動向に関して,緊急の対応を迫られているバイオ燃料生産,および近年,その枯渇が懸念されるとともに将来の農業生産に対して深刻な影響を与えるとされる水問題を中心に,既存現状を明らかにするとともに、今後の対応の方向について提案を行った。

キーワード

食料安全保障,農業生産,バイオ燃料,水資源,サステイナビリティ・サイエンス

PDF