超臨界流体を利用した環境監視・修復・保全技術

平成14年度 成果一覧

大島 義人(東京大学 環境安全研究センター 教授)
坂本 哲夫(東京大学 環境安全研究センター 助教授)

要旨

人類の生産活動の結果として多種多様な化学物質が作り出され、しかもそれらが我々の非常に身近なところでも存在しうる現状において、有害化学物質による水、大気、土壌環境の汚染の問題が深刻化している。本プロジェクトでは、グリーンケミストリー媒体として期待される超臨界流体を利用した環境監視・修復・保全技術について、その技術的基盤の確立を目指すとともに、実用性に関する総合的な評価を行う。具体的には、超臨界水酸化反応を利用した廃棄物処理技術の工学的基盤整備と実用性の評価、超臨界二酸化炭素による環境汚染物質の濃縮・回収を前処理とする迅速かつ連続的分析手法の確立と環境監視・保全技術としての可能性などについて検討を行った。本稿では、超臨界二酸化炭素を用いた環境モニタリング手法の開発について報告する。

キーワード

超臨界流体、環境保全、環境モニタリング、抽出、有害化学物質